テストステロンを増やす筋トレ方法

テストステロンを増やす筋トレ方法

恒常的なストレスの増加は男性更年期障害の最大の原因の一つ。

 

ストレスの軽減には風呂や音楽や趣味なども大事だが、やはり筋トレによる効果は欠かせない。
トレーニング1

 

寝る前にストレッチをすることで眠りの質を改善するだけでなく
より早く眠りにつくことができると言われています。

 

様々な方法がありますが、最も簡単だと思われるものを
動画で紹介しますが、かかる時間はたったの3分です。

 

 

足腰の強化は万能すぎる筋トレ方法

ストレッチで身体をほぐすとともに足腰を鍛える運動をプラスしましょう。

 

足腰を鍛えることで
体内の血のめぐりがよくなるため、脂肪の燃えやすい代謝のよい体に変化
体全体が活性化していきます。

 

 

個人的な体験としては腹筋などのトレーニングだけをやるよりも
足腰のトレーニングをプラスすることでより腹筋や全身のバランスが整った実感があります。

 

 

上半身のトレーニングよりも先ずは下半身から鍛えるほうが
体を支える土台を作るには早いと感じています。

 

 

では、具体的に何をするのかというと

 

ふくらはぎを鍛える「カーフレイズ」と「スクワット」です。

 

 

スクワットは正しいフォームで行うことが何よりも重要です。

 

動画を見て姿勢をチェックしたら必ず鏡に向かってフォームをチェックしながら
ゆっくりと最初はトレーニングをしてください。

 

自己流でなんとなくやるのが一番無駄ですよ。

 

 

男性の体重の訳40%は筋肉でできていると言われていますが
そのうちの70%は下半身に集中しています。

 

 

40代以降の男性は下半身の衰えが顕著だそうですが
それをスマートになったと勘違いして放置してしまう傾向にあるので

 

 

しっかりと下半身を鍛えてテストステロンを増やし
ストレスを軽減して更年期障害に備えましょう。

テストステロンを増やす筋トレ方法関連ページ

免疫力を高めればホルモンバランスがよくり疲れにくい身体に
免疫力を高めることはホルモンのバランス改善につながります。さらに免疫力を高めることに成功すれば疲れにくく、健康的な生活を送ることができる。免疫力を高めるコツを紹介。
運動の基本「体幹トレーニング」初心者はまずこれ
運動をする目的は男性ホルモンであるテストステロンを増加させること。基本の運動は筋トレと有酸素運動だが、まずは「体幹トレーニング」から。初心者はまずこれを習慣に。
メタボと朝立ちの関係
30代以降の男性が朝立ちしないのは男性ホルモンが急激に低下している可能性があります。 さらに、男性ホルモンの低下はメタボになりやすい傾向もあるです。
ストレスがたまるとなぜ勃起しないのか
勃起しない人の最も大きな原因の一つであり、対処が難しいのがストレスによる勃起不全です。ストレスを軽減し、様々な不安を解消する簡単な方法を紹介します。もちろん運動以外も紹介していますよ
運動だけじゃない生活の基本「姿勢」を正すホンマでっか流の方法
運動だけじゃない生活の基本「姿勢」。ホンマでっかで現代病の1つであるストレートネックに悩む人がふえていることを紹介。独自の姿勢矯正方法が斬新。
ホルモンバランスを改善したい運動初心者は何をするべき?
ホルモンバランスを改善したいという目的を達成するには運動はとても大事です。しかし、運動を普段したことがない人がジョギングや水泳などを習慣化するのは難しい。では初心者は最初に何をするべき?

ホーム RSS購読 サイトマップ
朝立ちしない原因 朝立ちの確認方法 ストレスと朝立ちの関係 勃起に効果のある食べ物