メタボと朝立ちの関係

メタボと朝立ちの関係

30代以降の男性が朝立ちしないのは男性ホルモンが急激に低下している可能性があります。

 

 

さらに、男性ホルモンの低下はメタボになりやすい傾向もあるんです。

 

メタボ1

 

マウスの実験では男性ホルモンである「テストステロン」が低下すると、肥満やメタボになりやすいことがわかっています。

 

 

これはマウスだけに当てはまることではなく人間の男性でも同様のことが起こるとかんがえられています。

 

 

特に、男性の更年期障害であるLOH症候群にかかると、うつ病のような状態になるために、活動性が落ちて内臓脂肪がたまりやくなり次第にメタボになっていく可能性が高まります。

 

生活習慣もLOH症候群とは無縁ではなく、喫煙や過度の飲酒はストレスの原因となりストレスによって華麗による自然な男性ホルモンの減少を加速させてしまいます。

 

 

太るからテストステロンが減少するのか、テストステロンが減少したから太るのかはまだ医学的にはハッキリとしていないようですが、現時点でいえることは、男性ホルモンの急激な減少は太る原因になり得るということです。

 

 

EDの原因の一つである更年期障害は万病のもと

EDの医学的な定義は性交渉に必要な勃起を達成しないことだけでなく、その状態を維持できないことも含まれます。

 

 

勃起のメカニズムは簡単にいえば性的興奮による脳への刺激によって男性器の血管を拡張することです。

 

 

男性器の血管は直径が心臓や動脈よりもかなり細く、動脈硬化の傾向がある人にとって症状がでやすい血管と言われています。

 

 

つまり、EDがある人は今後重大な動脈硬化を引き起こす可能性が高いことを示す一つの指標として捉えることができます。

 

 

テストステロン値が低い人ほど生活習慣病のリスクが高いことが指摘されているので男性ホルモンの低下が肥満につながりやすい点に注目すれば万病の元ともいえるでしょう。

 

メタボと朝立ちの関係関連ページ

免疫力を高めればホルモンバランスがよくり疲れにくい身体に
免疫力を高めることはホルモンのバランス改善につながります。さらに免疫力を高めることに成功すれば疲れにくく、健康的な生活を送ることができる。免疫力を高めるコツを紹介。
運動の基本「体幹トレーニング」初心者はまずこれ
運動をする目的は男性ホルモンであるテストステロンを増加させること。基本の運動は筋トレと有酸素運動だが、まずは「体幹トレーニング」から。初心者はまずこれを習慣に。
ストレスがたまるとなぜ勃起しないのか
勃起しない人の最も大きな原因の一つであり、対処が難しいのがストレスによる勃起不全です。ストレスを軽減し、様々な不安を解消する簡単な方法を紹介します。もちろん運動以外も紹介していますよ
運動だけじゃない生活の基本「姿勢」を正すホンマでっか流の方法
運動だけじゃない生活の基本「姿勢」。ホンマでっかで現代病の1つであるストレートネックに悩む人がふえていることを紹介。独自の姿勢矯正方法が斬新。
テストステロンを増やす筋トレ方法
恒常的なストレスの増加は男性更年期障害の最大の原因の一つ。ストレスの軽減には風呂や音楽や趣味なども大事だが、やはり筋トレによる効果は欠かせない。
ホルモンバランスを改善したい運動初心者は何をするべき?
ホルモンバランスを改善したいという目的を達成するには運動はとても大事です。しかし、運動を普段したことがない人がジョギングや水泳などを習慣化するのは難しい。では初心者は最初に何をするべき?

ホーム RSS購読 サイトマップ
朝立ちしない原因 朝立ちの確認方法 ストレスと朝立ちの関係 勃起に効果のある食べ物