若年性ED

若くてもEDになる!気をつけるべきこと

30代以降で朝立ちしないのは男性ホルモンが急激に低下している可能性がありますが、
20代でもEDになる可能性があるのをご存知ですか?

 

若年層のED発症原因はストレス・・・。

 

若年層のED発症のほとんどは、ストレスなどが原因となる心因性EDとよばれるもので
若年者のうつ病患者の増加とも相関関係があると言われています。

 

 

仕事や疲れ、人間関係などによる心身の消耗だけが緊張の原因ではありません。

 

 

性行為における“失敗をしたくない”という心理から心因性のEDに陥ってしまうこともありますし
生身の女性とできない、という悩みやパートナー以外の女性とは問題なく行為に及ぶが
特定の相手だとできないケースも有ります。

 

 

心因性のストレスを解消するために有効な事

これはうつ病の治療において学術的にかなり有効であると認められている方法ですが
うつ病における初期の段階の治療に最も役に立つのは運動です。

 

 

勃起は血液の循環がうまくいかないことで引き起こる病気でもあるので
運動をすることで筋肉をつけることは血液の循環をよくするという意味でも効果があります。

 

 

しかし、分かっているけれども運動や食事療法というのは辛いものです。

 

 

心因性のEDの場合とにかく大切なのは成功体験を積むことで
ED治療薬であるバイアグラなどを使用してでも、まずは成功体験を持つことは有効です。

 

 

自然と朝立ちする精力を回復させるには

若くてもEDになる!気をつけるべきこと関連ページ

Dr南雲吉則のとんでもED解消法
Dr南雲吉則が自著「男のミラクル健康習慣」にて驚きのED解消法を紹介しています。
【体験談】エビオス錠を飲むと朝立ちするようになるのか?
某ネット掲示板でエビオス錠を飲むと精液の量がふえて朝立ちするようになるのか?実際に飲んだ体験談。
睡眠不足の大敵?電気をつけて寝るデメリットがすごい
睡眠不足の大敵である電気をつけて寝る効果を研究した結果デメリットが多すぎる。睡眠不足による免疫力低下、ストレスを軽減できないことによる勃起力低下を防ぎましょう。
テストステロンを増やす睡眠は質なのか量なのか
テストステロンを増やすために睡眠はとても重要です。ところで睡眠は質を高めろとはよく言われていますが、実際にはどのくらいの時間寝れば良いのか?たくさん寝ればそれで良いのでしょうか?
テストステロンとは何?働きや減少するとどのような症状がでるのか
テストステロンとは何?働きや減少するとどのような症状がでるのかをまとめました。簡単なテストステロン値のチェック法も紹介するので40代以降の男性は必見です。
肥満とEDには関係があるのか?
生活習慣病の原因の1つである肥満はEDと一体どんな関係があるのか?太っているほうがEDになりやすい原因と肥満を解消するためにできること
男性ホルモンを増やすための意外な方法
男性ホルモンを増やすための方法は専門医によるホルモン補充、ED薬、筋トレ、食事だけじゃない。身近にある意外なことがホルモン値のバランスを取ります。

ホーム RSS購読 サイトマップ
朝立ちしない原因 朝立ちの確認方法 ストレスと朝立ちの関係 勃起に効果のある食べ物