シアリスには10mgと20mgがあります。

 

 

違いは効果の持続時間で10mgが24時間、20mgが36時間程度効果があると言われています。

 

 

値段に違いがあまりない・効果が期待できるという点で初回は20mgをおすすめしますが、管理人は10mgを常用しています。

 

 

シアリス10mg

シアリスは気軽に使うなら10mgおすすめ



僕は病院でシアリスを処方してもらったのでいろいろ相談しながら、どのED薬を使うか選ぶことができたのですが、どのED薬も使ったことがなかったので正直迷いました。


医者から勧められたのはシアリスであれば20mgです。


まずは用量の多い強いほうを飲んでみて効果があるかを確認して、強すぎるようなら10mgに変えればいいのではとアドバイスしてもらいました。


10mgも20mgも複数回以上使用した僕の所見も同様で、まずは20mgを使うほうが良いと思います。


20mgを使ったけど効果がなかった、効果はあったが結果に満足できなかったという場合はシアリスよりもバイアグラのほうがよいと判断できるからです。


管理人が10mgをすすめる理由とは


  • 36時間も効果が続く必要がない
  • 10mgでも十二分に効果がある
  • 10mgのほうが副作用が少ない


まず20mgの効果時間である36時間ですが、飲み方の一例として


金曜の夜に飲んで日曜の朝まで効果がある、もしくは土曜の朝に飲んで日曜のよるまで効果をもたせることができます。


僕の場合、金曜の夜に飲んで土曜の夜までか、土曜の夜に飲んで日曜の夜まで効果があれば十分だなと思いました。


硬さに関しては正直20mgと10mgではそこまで差がないように感じたことと、どちらもその日のうちに複数回ことにおよぶことができたことから、僕には10mgで十分だとかんじました。


20mgのほうが刺激に対する反応が早く、長く続く印象があります。



また20mgよりも10mgのほうが副作用が軽いです。


といってもシアリスの副作用自体が僕にはあまりでなかったので20mgだときついという印象もありません。


体感になってしまいますが、10mgだと飲んでピークの時間帯でも体の変化はほぼなし。


ほんの少し体が熱くなっているかな〜程度で、20mgのほうが火照りなどの変化は感じられます。



効果時間について


これはどちらも僕の体感では長く続く印象があります。


10mgなら24時間以上、20mgなら36時間以上は服用していない状態と比べると変化があります。


もちろん薬が効いている効果時間内と比べたら反応・硬さともに落ちますが、薬を服用していない平常時よりは明らかに反応がいいです。


体感で、10mgだと翌日から翌々日程度、20mgだと3日ぐらいは効果が感じられます。


あくまでも平常時と比べたらの話ですが、僕の使用した範囲の話でいえば、効果時間を過ぎたら全く変化がなくなるという感じではなかった、ということになります。



それでもED薬で迷ったときは


僕のイメージするED薬の分類として


バイアグラ:即効性
レビトラ:超即効性
シアリス:遅効性


効果に関しては


レビトラ≒バイアグラ>シアリス


という印象を事前の下調べや医師と話している段階で感じました。


レビトラとバイアグラはどちらが効果はあるのかは個人差があるようですが、シアリスよりはバイアグラなどのほうが強度(硬さ)という点では効果があるようです。


硬さよりも持続時間が長く、飲むタイミングも自由度が高いのがシアリスの良い点なので、どちらがよいのかはライフスタイルによるといえるでしょう。



行為の直前に飲めばすぐに効果を発揮してくれるバイアグラか、効果時間内であればいつでも行為が可能なシアリスかで選ぶと良いと思います。


ただし、バイアグラやレビトラは空腹時に服用するのが基本ですので、デートなど食事をするのが確実な状況のときは食事の内容・消化までにかかる時間をある程度計算して服用する必要がありますので、どちらかといえば食事のコントロールをしやすい結婚シている人向けと言えるかもしれません。



シアリスは食事をとるまえの空腹時に摂取して体に吸収させてしまえば、ある程度は食事の心配は必要ないので、出かける前に飲んでしまうという方法がつかえるのでデートで食事をする機会が多いであろうカップル向けの薬といえるかもしれません。




トップへ戻る