30代以降の男性で最近精力がなくなってきたな〜と感じる方、パートナーとのスキンシップが減ったと思う女性の方は、ご自身またはパートナーの男性にある簡単な方法でEDかどうかを簡易的にチェックしてみましょう。

 

 

やるべきことは、

 

 

目覚ましをかけずにゆっくり寝て、自然に目が覚めるまで寝てください。

 

 

休日などに寝れるだけ寝て、起きた時に朝立ちするかどうかを確認してください。

 

 

朝立ちする回数、状態でEDがどの程度進んでいるのか判断する簡易的な目安になります。

 

 

できれば1週間通してチェックすることを数週間続けたいですが、忙しい・面倒な方は週末だけでも良いのでできるだけ複数回試してみましょう。

 

 

→なぜ目覚ましをかけずに寝ることが勃起力を測るバロメーターになるのか?より詳しく知りたい方はこちらの記事をどうぞ

 

 

 

目覚ましをかけずによく眠っても朝立ちしなかったという人、朝立ちはしたけどもすぐに元の状態に戻ってしまう方は年齢にもよりますがEDの可能性があります。

 

 

 

朝立ちしないということは男性ホルモンが低下している可能性をまずは自覚すべきなのですが、EDの原因は男性ホルモンだけではありません。

 

 

EDは年齢とともに減少する男性ホルモンの影響を受けている場合や、成人病などが影響している場合や、ストレスなど様々な要因があります。

 

 

朝立ちする男性としての精力を回復するために当サイトで推奨していることは生活習慣の改善と、医師の診断を受けた上でのED薬の利用やホルモン補充などの医療機関を通じて行う治療です。

 

 

サプリは栄養補給として利用する場合のみを推奨していますし、管理人は精力剤系のサプリは飲んでいません。

 

 

マカを飲んでいた時期もありましたが、それはあくまでも足りない栄養素の補給であり精力増強という短絡的な効果を期待はしていませんでした。

 

 

なぜ生活習慣のみではなくてED薬を含めた医療機関での診察を推奨しているのかというと、そもそも治療が必要な病気が関係している可能性をまずは排除することが大事だからです。

 

 

私の場合、生活習慣を改善しても回復する兆しがみえず加齢とともにどんどん症状が進行してしまいました。

 

 

 

管理人は筋トレを週4で行い、下半身だけでなく体全体をまんべんなく鍛え、筋トレの効果を逃さないためにタンパク質を重視した食事を摂り、6時間以上の睡眠を継続して取っていますが、なかなか改善の兆しは見えませんでした。

 

 

 

 

管理人のED状況は反応はするけれども、その状態が持続しないことが悩みでした。

 

 

 

当初は気分的な問題だろうと軽くみていましたが、パートナーに頑張ってもらって準備OKとなっても「いざ」となると急にへな〜となってしまうことが数回続き、自分が確実にEDになったと自覚しました。

 

 

そこでまずは簡単な問診で処方されるED薬を専門の病院で処方してもらい使用したところ、10代のような元気さを取り戻し、無事に行為を終えることができました。

 

 

無事に終了したことにより「今日も出来なかったらどうしよう」という不安やストレスから解放されたからなのか、使用したED薬の効果が切れた後も、使用する前によりも反応・持続力ともに高まったことを実感しています。

 

 

やはり”いざ”というときに頼るものがあるという安心感は大きいです。

 

 

ED薬の使用には多少の副作用はつきものですが、自分の適正量が把握できた今ではほとんど副作用は出ません。

 

 

それに、副作用が多少でたとしても、それ以上の満足感を得られます。

 

 

 

 

 

→管理人のED薬体験談はこちら

 

 

とはいえ、いつまでも薬に頼っている生活そのものに不安を感じることもあります。

 

 

ED薬は決して安価な薬ではありませんので経済的な問題もあります。

 

 

それでも管理人はED薬と上手に付き合うことによって、EDを薬を飲み始める前に比べてEDが改善してきたな、と感じることが最近あります。

 

 

私が試しているED改善のための方法に関してはこちらの記事をどうぞ

 

 

 

 

 

EDを改善するために変えるべき生活習慣とは

 

EDと医者に診断された場合は別ですが、精力が10代20代の頃に比べて落ちた、最近朝立ちもしなくなった等の精力低下を実感している人が見直す生活習慣とは以下の3つです

 

 

  1. 運動
  2. 睡眠
  3. 食事

 

 

ストレスは運動や睡眠、食事による適切な栄養補給ができていればある程度は解消されると考えられるので除外しました。

 

 

 

 

運動をすることがベストの解決法だと個人的には思っていますが、時間も体力も気力もなくどうしても運動ができない方にまずお勧めするのは食事の見直しです。

 

 

運動・食事・睡眠はセットです。

 

 

運動をいくら頑張っても、適切な栄養を摂取していなければ筋肉はおおきくなりづらく、睡眠が足りなければ運動で筋肉をつけ脂肪を除去しようとしても効率がおち、なにより体力が回復しないので継続的にトレーニングを続けられなくなるかもしれません。

 

 

とはいえいきなり3大生活習慣のすべてを変えることは困難ですので、まずは最も取り組みやすい食事から改善することをおすすめします。

 

 

食事の改善に成功すれば、より栄養管理の効率をあげるためにも睡眠の質を向上させることに意識が向くかもしれませんし、体重が落ちて体型が改善されれば、もっとかっこいい体だったり血流をよくして勃起力を改善するために運動に取り組んでみようという気力が湧いてくるかもしれません。

 

 

朝立ちする回数を増やすためにはサプリを飲めという話の流れを想像した方もいらっしゃるかもしれません。

 

 

たしかに管理人もサプリを飲んでいますが、私の考えるサプリの役割とは

 

 

あくまでも食事の補助として使用すべきものです。

 

 

仕事などで時間に制約があり、どうしてもバランス良く食事によって必要な栄養素を摂取できないときに摂取するものがサプリメントです。

 

 

サプリを飲めばすべてが解決するという期待や発想は捨てましょう。

 

 

管理人が飲んでいるサプリもプロテインやHMBといった栄養素を補給するサプリです。

 

 

精力剤などのサプリは飲んでおらず、マカや亜鉛などは栄養素として飲んでいた時期はありますが現在は飲んでいません。

 

 

管理人が改善したことは、

 

 

  1. 病院で病気など治療が必要な要因がないかをチェックしたこと
  2. 継続的な運動
  3. 食事(食事で摂取しずらい栄養素をサプリで摂取)
  4. 睡眠の質を改善すること

 

 

特に効果というか不安を解消するのに役立ったのは病院での診断です。

 

 

ED薬目的だけでなく、慢性の前立腺の炎症が見つかったので、その治療でも通院しています。

 

 

地元の泌尿科ですが、ED薬が普通に販売されているので、医師にED薬くださいといえば自由診療なので保険は効きませんが相場価格ですぐに手に入りますよ。

 

 

わざわざ偽物かもしれない怪しいネット販売で買わずに、まずはお近くの泌尿科で相談することを強くおすすめします。

 

 

「朝立ちしていますか?」メインコンテンツ

 

朝立ち回数回復のためのポイント

サプリで勃起改善

1..朝立ちしない原因は男性の身体的な機能低下かも!管理人が朝立ち回数を改善のために行ったことの体験談はこちら朝立ち回数を改善させる生活習慣の改善方法

 

2.ストレスがたまるとなぜ朝立ちしなくなるのか

 

管理人のED克服体験談【ED薬】

シアリス体験談TOP

1.シアリス20mg・10mg使用体験談
2.シアリスの副作用について
3.シアリスはネットか病院かどちらで購入するべき?
4.バイアグラ試してみました

 

朝立ちするかを確認する方法

朝立ちを確認する方法

朝立ちするのか、しないのか?はある方法を使えば簡単に確認することができます。

≫詳細ページ

ED改善のために摂るべき食品

EDに効果のある食品

ED勃起不全改善のために食生活を見直そう

≫詳細ページ

運動筋トレによる改善

運動

朝立ちしない原因の1つ男性ホルモンの低下を抑えるには運動は欠かせません。
運動筋トレによる改善方法まとめ
まずはこれ→筋トレ初心者がまずやるべき運動

≫詳細ページ

朝立ち関連コラム

若年性ED

20代・30代でもEDになる可能性や睡眠方法、あるDrのED解消法など様々な情報

≫詳細ページ

 

 

 

トップへ戻る